‘2011/04’ カテゴリーのアーカイブ

石巻市災害ボランティア活動の告知

2011/04/28

東京のN-treeの長崎剛志さんからの告知です。

わかりにく点、より詳しい情報は
下記にある長崎さん方へ直接ご連絡よろしくお願い致します。

↓ここから↓

皆様へ

東京で庭の仕事をしておりますN-treeの長崎と申します。
先日、宮城県塩竈、石巻をまわってボランティア活動をしてきました。
なぜなら,庭師としてできる事があると感じたからです。

被災地は人手が必要とされています。そして今、庭師(土を扱う人)が貢献できる時だと思いました。
心に、もやもやしているものがありました。それは情報と頭と現実がうまくつなげられなかったからでした。
『被災地から元気をもらった』とよくメディアで聞きますが本当のことだとわかりました。
現場に足を運び、五感で受けとったものはもやもやを力に変えてくれました。

連休明け5月8日(日)から一週間被災地での活動を予定しております。
今回、この動きに賛同される方の力をお借りしたいと思いメールしました。
作業はドロだしです。写真を添付しましたが、今はとにかく梅雨、暖かくなる前に町からドロを無くす作業が先決だと思いました。
雨の時はヘドロ、乾くと粉塵、腐ったものや産廃独特のにおいがします。津波のドロは細かく、繊維の中にかなり入っていく感じです。
塩分を含んでおりたくさんの庭の樹木がやられています。
道路まで出せば産廃は解体業者が処分できるのですが、人力でしかできない作業もたくさんあります。
能力を効率よく発揮でき、連係がとれるチームで動けば力になる事ができると思います。

同時に被害の少なかった松島の支援も大事なことがわかりました。
河北新聞で『宮城を元気にする復興は松島から』という記事がありました。この長い被災での疲労は心配です。
被災地を離れる前に松島の、円通院の庭を歩きました。震災後考えていた庭に何ができるのかが少し見えた気もしました。
燈籠が崩れているところもありますので積み直しもできればと思っております。

活動予定場所は石巻市
石巻市災害ボランティアセンター http://msv3151.c-bosai.jp/?module=blog&eid=14092&blk_id=11416
ですが,受け入れ状況によって変わるかもしれません。テント生活になります。

今回の災害はとにかく広範囲にわたります。支援もかなり長期的になると思いますし、援助の内容も変化していく事でしょう。
被災地の風景の移り変わりを肌で感じることは、自然と人との関係を追求する我々の体性感覚を深めてくれる気がしています。
厳しい社会状況とは思いますが、皆様のご協力お願い致します。

長崎剛志
平成23年 4月25日

石巻市災害ボランティア活動の告知

被災地住宅街のがれき。産廃所の匂い

久留米ツツジ祭りチャリティー活動の案内

2011/04/27

庭人の輪の皆さまへ

庭人の輪メンバーである
福岡県の亀埼さんが
久留米ツツジ祭りでチャリティー活動をされるとのことです。
資料を添付させていただきますので
ご確認ください。

わかりにく点、詳しい情報は
直接亀埼さんのほうに連絡よろしくお願い致します。

亀埼 正吾
camelia@polka.ocn.ne.jp
090-7923-4718

久留米ツツジ祭り

久留米ツツジ祭り

スコップ&長靴基金にご協力いただいた皆様へ

2011/04/27

ご協力有り難うございました。
お陰様で、42組の方々から、113口、282,500円集まりました。
会計は
スコップ2種、50本づつ100本代、181,125円。
長靴各サイズ合計185足、125,800円。
合計306,925円。

差引分と、これらの振込み手数料などを含め、
約10口分こちらで足して、残金ゼロと致します。

物資はまとまった数の方が良いため、スコップと長靴のみにしました。

角スコップは、
パイプ柄の一般的なもの50本と、
少し小さめのもの50本を選びました。
小さめのものは、一人で片手で土嚢袋に入れたり女性や高齢の方が作業出来るように、との考えです。
和歌山市の(株)山一屋さんを通じて金象印の浅香産業さんから送っていただき、既に届いています。と石巻から報告を受けました。
残念ながら写真などが無いのですが、申し訳ありません。

長靴は、遅くなりましたが、本日発送していただくことになりました。
長靴は種類が豊富で迷いました。
ガレキを踏み抜かないよう安全靴タイプもありますし、質も長さも様々。
現地でボランティアしている風間さん(現在京都に在住の植木屋です)から
質よりも数とサイズが色々欲しいと聞いたので、
ワークマン店頭で夫と二人、色々履いて確かめ、安いけど、履き心地が悪くない、黒い軽半長靴をサイズを振り分けてワークマン本社に発注しました。

既に震災津波から、ひと月以上たっていますが、
昨日現地の方から聞いたところ、
土砂の撤去作業はまだまだ延々と続くとのこと。
都心から大型バスでのボランティア送迎も始まっており、
スコップも、長靴も、まだまだ使われていくようです。

物資はどちらもメーカーから直接発送ですが、メールやファックスで、現地団体に向けて、ご協力いただいた皆様の名前を記載させていただきました。

最後になりましたが、
京都でお世話になった同業者の皆さん、
友人、知人の皆さん、
面識は無いのに、庭人の輪、等を通じて
信頼してご協力いただいた皆さん、
自らも被災しているのに協力してくれた家族や親戚、
呼び掛けに賛同し協力して下さり
本当にありがとうございました。

簡単ですが、これで報告とさせていただきます。

豊岡里美

庭人の輪のロゴ&バナー
庭に関わる人たちで構成される災害支援連絡会「庭人の輪」
企画書のテンプレート

「庭人の輪」に掲載希望の企画をお持ちの方は下記リンクより企画書雛形(WORDファイル)をダウンロードして記入の上、GREENSPACEの辰己までお送りください。
>>企画書雛形をダウンロード
※うまくダウンロードできないときは右クリックから保存してください。

報告書のテンプレート

「庭人の輪」に企画を掲載した方は、できるだけ報告をお願い致します。明日への事例集になります。下記リンクより企画書雛形(WORDファイル)をダウンロードして記入の上、GREENSPACEの辰己までお送りください。
>>企画書雛形をダウンロード
※うまくダウンロードできないときは右クリックから保存してください。