‘2012/04’ カテゴリーのアーカイブ

庭JAPANから「宮城県石巻市大川地区慰霊祭」の報告

2012/04/21

「庭師という日本人として」

 

大地震がおき、津波がきて、ヒトの生活が破壊されてから 1 年が経ちました。

庭JAPANは宮城県石巻市の大川地区の慰霊祭と岩手県大槌町の慰霊祭のお手伝いをさせていただきました。

大川地区は土地の形状が変わってしまい海の中に家がポツポツあり、道も砕石を盛っただけのものがかろうじてあるような状況です。地域にある大川小学校では 7 割の子供たちが 津波に流され亡くなってしまいました。大きな喪失と大きな悲しみがそのままの状態でそこにはあります。

大槌町は海岸沿いに大津波が押し寄せ、流していき、現在も色がありません。慰霊祭で会 い話をさせていただいた人たちの多くがどなたかを亡くされていました。 大川地区では庭人の輪のみなさんからも送っていただいた竹あかりを灯し、桜の苗木を献木し、慰霊塔の庭を復旧し、竹垣をつくってきました。震災以来一度も戻ってこられなか った方たちが慰霊祭に参加され、竹の明かりに照らされた海に向かって手を合わせていました。

大槌町の海では「慰霊とうほくこよみのよぶね」を浮かべ、流しました。お父さんを亡くされた漁師さんの船で曳かれたこよみのよぶねは灯りだけが海の上に浮かんでいるような 幻想的な美しさをたたえ、慰霊に訪れた方々はその灯りに向かって手を合わせていました。

どんな状況であり状態であっても 1 年という時が流れたことを感じました。 人には未来を灯すあかりが必要で、手を合わせることが出来る場所が必要だと感じました。 庭とはそういう場所だと、庭をつくる能力を持った人たちはそれがつくれる人たちなんだと気づきました。

 

みらいをうえる。

 

なくしてしまったからこそ、いまだからこそ、庭に関わっている自分たちだからこそ。 まっすぐ見つめ、まっすぐモノをつくることが一番大事なんだと分かりました。

みなさんのご協力ありがとうございました。

庭JAPAN 古川乾提
2012 年 4 月 21 日

庭人の輪のロゴ&バナー
庭に関わる人たちで構成される災害支援連絡会「庭人の輪」
企画書のテンプレート

「庭人の輪」に掲載希望の企画をお持ちの方は下記リンクより企画書雛形(WORDファイル)をダウンロードして記入の上、GREENSPACEの辰己までお送りください。
>>企画書雛形をダウンロード
※うまくダウンロードできないときは右クリックから保存してください。

報告書のテンプレート

「庭人の輪」に企画を掲載した方は、できるだけ報告をお願い致します。明日への事例集になります。下記リンクより企画書雛形(WORDファイル)をダウンロードして記入の上、GREENSPACEの辰己までお送りください。
>>企画書雛形をダウンロード
※うまくダウンロードできないときは右クリックから保存してください。